貯金の無い中高年層ほど堅実な貯金&投資を~アクティブ投資の失敗から学んだこと

2019年10月から資産作りを始めました。

実はその少し前から、私は株式投資にチャレンジしていたのです。

その結果は・・・

40代で貯金がほぼ無い状態から株式投資を始めた私の失敗談を例に、
中高年の人ほど堅実に貯金をすることを勧める理由をお話します。

◎とにかくお金を増やそうとしました

40代半ばで貯金が100万円を下回った時、
私はとにかく焦っていました。

あと20年くらいしか働けないかもしれないのに、
その間に老後の備えは間に合うのだろうか?

どうしようどうしよう、と毎日頭の中を不安と焦りばかりが巡りました。
そんな中、以前からTwitterでフォローしていた人の中に、
株式投資で得た利益で悠々自適の生活をしている人のことを思い出しました。

過去に株主優待目的で株式を保有したこともあった私は、
20代の頃に開いた証券口座をもっていました。

私だって・・・がんばればできるかもしれない

SNSの世界には、株取引で成功し、
キラキラした生活を送っていることを発信している人がたくさんいます。
そんな世界を、自分も夢見てしまったんですよね・・・

Wワークをして収入を増やすと同時に、さらに加速的にお金を増やそうと、
株式の売買で値上がり益を取っていくキャピタルゲインに挑戦し始めました。

キャピタルゲインとは、保有している株式や債券などの資産(広くは不動産屋貴金属なども含まれます)を売却した時に得られる「売買差益」のことです。

◎個別株へのアクティブ投資で失敗

思い立ってからは、少しずつ勉強を始めました。

株式の売買関連本を読んだり、SNSで情報を集めたり、
毎日株のチャートを見たり、銘柄情報を調べたり。

私としては、真摯に努力をしたつもりです。
でも、相場の神様は私に微笑みませんでした。

現在で株投資歴は4年目になるのですが、
なかなかプラスに転じることができていません。

投資を始めた頃はデイトレードなど、
短期的な売買で利益を取ることを目的に売買していました。

典型的な「コツコツドカン」で損失の方が積み重なる状態が続きました。

「コツコツドカン」とは、
小さな利益をコツコツと重ねても、一度の大きな損失で利益を失ってしまうことです。

1日で数千円の利益が出ることが続いても、
急落で数万円を失うこともありました。

勝ち続けるトレードは一朝一夕にできるほど甘くない

トレードでは損失を増やし、貯金は一向に増えず。

このままではいけない・・・と、
私は一度立ち止まって考え直すことにしました。

◎リスクを取り過ぎていたことに気づく

「投資は余剰資金で行いましょう」

よく目にする言葉だと思いますし、
私もこの言葉を守って投資をしているつもりでした。

「生活防衛資金」にさえ手を付けなければいい

そう思っていたのです。
これは大きな間違いでした。

私には、突然無収入になっても当面の生活を続けられる「生活防衛資金」のほかに、
「老後のために確実に残しておかなくてはいけない資金」が必要です。

私はこの「老後のために確実に残しておかなくてはいけない資金」を、
株式投資の売買益で築こうとしていました。

可能性はゼロではないかもしれません。
でも、短期トレードはあまりにもリスクが高過ぎます。
私は安易に考えすぎていました。

老後資金はリスクを取ってはいけない

投資3年目に入る頃から、私は考えを改めました。

1.老後資金を作るためには、堅実に積立貯金をすること。
2.株を買う目的は配当金取得(インカムゲイン)を主にすること。
3.夢のあるキャピタルゲインの投資には、老後資金を貯めるまで追加入金をしないこと。

この3つを決めて、私の資産作りが新たにスタートしたのです。

◎反省からの再スタート

当時トレードに使っていた松井証券の口座をキャピタルゲイン用と決め、
今後追加入金はしない、と決意しました。

そして、老後の資産作り用として新たに楽天証券口座を開設しました。

楽天証券を選んだ理由は、
・楽天銀行と連携できる
・5万円を限度にクレジットカードで投資ができる
・投資してもポイントが付く場合がある
・楽天証券でトレードをすると、楽天市場でのポイント倍率が上がる
など、私にとってメリットがいくつもあったことが決め手でした。

口座を分けることで、投資内容をきっぱりと区別することができます。
老後の資産用に入金した資金を、つい短期トレードに使ってしまうことが無いようにです。

個別株は、今買っておけば上がるのでは?

と思ってしまう時があります

資産作りを再スタートしてから、
松井証券口座には一切追加入金はしていません。

トレードの記録を残すために、楽天ブログで情報発信も始めました。

ハナチョコの少額投資で叶えたい不労所得のある生活

株式銘柄のことなどはこちら↑に書いています。

☆まとめ

老後資金2000万円問題などの報道があって以降、
退職金を投資で溶かしたとか、お金のある人ほど大きな損失を投資で被るニュースをたびたび目にすることがあります。

世の中には、投資経験豊富と語る詐欺師や、
金融機関の社員ですら、疑わしい金融商品を持ちかけて来たりします。

「投資は余剰資金で行いましょう」

あなたがいま投資に使おうとしている資金は、
大切な老後の備えとなる資金ではありませんか?

安易に増やそうと考えてはいけません。
投資に使うにしても、絶対に残しておきたい金額を越えた分だけにしましょう。

投資は、元本がゼロになることもあれば、
信用取引などをすれば借金を抱えてしまうこともあります。

私は絶対に信用取引はしません。
老後に負債を抱えるなんて、怖すぎます。

目的があってどうしても必要で借りるなら別ですが、
投資で資産を増やそうとしたのに一日で負債を負った・・・なんてのは、
絶対になりたくないですからね。

急がば回れ。
急いては事を仕損じる。

今日もコツコツ。
ドラマチックな事は無くとも、明るい未来に向かって歩を進めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました