Pan&(パンド)のパンを実食~カンタン・時短・冷凍パン

4月11日から始まったお得なキャンペーンも今日まで!

あなたはもう買いましたか?

キャンペーン最終日のご報告となってしまいましたが、
Pan&のパン初心者の私が食べてみた様子を取り急ぎ、画像メインで公開します。

 

◎食事編①

 

初めてのPan&のパンは朝ごはんにしました。

Pan&(パンド)

トマトと卵のスープを添えて。

選んだパンは、「パン・オ・レ」と「Pan&ナチュール」です。

 

焼く前に霧吹きで水をかけてから焼くといい、と説明があったので実践。

表面にシュッシュッと吹きかけてからオーブントースターへ。

余熱で中まで温めましょうと、ありました。

オーブントースターによって加熱具合が違うと思うので、
余熱で焦げてしまわないように、加熱&余熱時間は様子見ながらにしましょうね。

 

さっくり、ふんわり焼けましたよ♪

 

◎食事編②

 

2食目もスープと。
カゴメのレトルトスープにブロッコリーをプラスしたものを添えました。

Pan&(パンド)

選んだパンは、
「発酵バタークロワッサンprime」と「明太ポテトのこんがりブール」です。

クロワッサンは外はパリパリに焼き上がり、
焼き加減にもよるのでしょうが、中はしっとり感もあり私は好きな食感でした。

明太ポテトはしっかりと食べ応えがありました。
大きさは小ぶりですが、それが丁度いい感じです。

明太ポテトの方は、焼く前に30分~90分自然解凍しましょう、と書いてあったので、
早めに冷凍庫から出しておきました。

クロワッサンは自然解凍せずにすぐに焼き始められますので、焼く前に冷凍庫から取り出しました。

加熱時間はどちらもトースターで2,3分の指定でしたので、焼くときは2つ同時に焼きました。

 

◎おやつ編

 

おやつ時間にも食べてみました。

大好きなコーヒー&粒あんを添えました。

 

Pan&(パンド)

選んだパンは「Pan&ナチュール」(左)と「ライスファイン」(右)

食事編①でもPan&ナチュールを紹介しています。
ライスファインやパン・オ・レは比べると小ぶりですね。

 

 

横にパカッと切り目を入れて、粒あんを挟みます。

 

 

粒あん大好きなので、たくさん投入しました。

バターやクリームチーズも合います。
この時はランチを食べ損ねて腹ペコ気味だったので、あんこのみでパクつきました(笑)

 

◎まとめ

 

画像中心に駆け足でご紹介しました。

冷凍パンは焼成前のものを使ったことがあったのですが、
既に焼きあがったものをリベイクするタイプは、Pan&が初めてでした。

とにかく焼き上がりまでが早い。

具材のあるパンは自然解凍の時間が必要ですが、
具材の無いパンは冷凍庫から取り出してすぐに焼き始めることができます。

焼く時間はどれも2,3分程度ですから、忙しい朝にも時短になります。

 

Pan&のパンの賞味期限は、製造から365日。
届いたパンの賞味期限も、来年の2月~3月でした。

冷凍保存をしておけば長期保存が可能なので、常備しておくのに良いですね。

 

商品詳細はこちらをどうぞ↓

以上簡単ではありますが、
Pan&のパンを食べてみたレポートでした。

 

今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました