締切迫るマイナポイント対象期限~マイナンバーカードの申請は4月30日まで

上限5000ポイントのマイナポイントがもらえるキャンペーン。
あなたはもうポイントGetしましたか?

総務省がマイナンバーカードの普及を目指して打ったキャンペーンもいよいよ佳境。

しまった!忘れてた!という方も、
今からだって申請は間に合います。

明日に迫ったマイナポイント対象となるマイナンバーカードの申請について、要点を確認しましょう。

 

◎マイナポイントが欲しいなら4月30日までに申請手続きを

 

いずれマイナンバーカードの申請をいつかするのなら、お得な方が良い。
そうお考えでしたら、明日までに申請が必要です。

実は3月までだったはずの申請期限。
申し込み状況が芳しくなかったからか、4月末までに延長されました。

 

期限の再延長はしないらしいよ

再延長しない理由は、
カードの発行枚数がポイントの予算上限に近づいたから。

もう猶予はありません。
ポイントの欲しい人は行動に移りましょう。

 

◎申請方法

 

マイナンバーの通知カード、大切に保管してありますか?

またマイナンバーカードが未申請の人には、
「個人カード交付申請書 兼 電子証明書発行/更新申請書」が送られてきたりしているはずです。

自分のマイナンバーが分かればすぐに申請ができます。

 

 

 

それぞれの申請方法へのリンクはこちらです↓

証明用写真機で直接申請もできたんですね。
知りませんでした。

 

◎顔写真の準備

 

何が面倒って、一番は「顔写真」の準備ではないでしょうか。

街中にある証明用写真機で撮ると、ちょっとお高い…と私は思ってしまいます。

そこで、スマホで自撮りする方法で私は顔写真を準備しました。

マイナンバーカードの申請方法で
「スマートフォンで申請」あるいは「パソコンで申請」を選ぶと、
顔写真の画像データを用意しておけば、ファイル添付で登録できます。

また、「郵送で申請」の場合も、
コンビニプリントのサービスを利用すれば、
スマホで撮った画像データをコンビニのコピー機や写真プリント機で印刷できます。
価格は200円程度と安価です。

どの方法でも共通することですが、
画像の加工はほどほどにしましょう。

きれいな姿で作りたいとは私だって思いますが、
証明書になる物ですから、実物とかけ離れ過ぎないように気を付けましょう(笑)

その他、顔写真撮影時の注意点については、
こちらをご覧ください↓

顔写真のチェックポイント

 

自撮りは苦手だわ…

そんな方は、証明用写真機で撮影しましょう。

前項でも紹介しているように、
撮影してそのまま申請までできてしまうようです。

写真撮影だけして郵送で申請する場合は別ですが、
証明用写真機で申請まで行う方は、
事前に申請方法をチェックして、マイナンバーの控えなど必要な情報を持参していきましょうね。

 

◎申請完了後のスケジュール

 

マイナンバーカードの申請が完了すると、概ね1ヶ月ほどで「交付通知書」が届くようです。

交付通知書が届いたら、記載されている期限までに必要書類をもって交付手続きを行います。

交付手続きを行う場所も交付通知書に記載があります。

詳しくはこちらでご確認ください↓

マイナンバーカードの受取

 

◎マイナポイントの受取は9月末まで

 

マイナポイントがもらえるキャンペーンは2021年9月30日までです。

マイナンバーカードを受け取ったら、すぐにマイナポイントの情報をチェック。
9月末までに受け取れるようにしましょう。

マイナポイントとは?

マイナポイントをもらうには、
実際にお買い物やサービス利用などをする前に「事前予約」をしておく必要があるらしいのです。

せっかくポイントが欲しくて急いで申請したのに、
手続き手順を誤ってしまいポイントがもらえなかった、
なんてことにならないよう、この点は覚えておきたいですね。

 

◎まとめ(3月に申請した私の現状)

 

私は3月28日にスマートフォンから申請をしました。

その後、何の音沙汰も無し、でございます。

締切が迫ったことで申請も増えたとは報道されていましたし、
もともと交付通知書が届くまでには1ヶ月ほどかかるということです。

 

連休明けくらいに来るかしら?

とりあえず待つしかないですね。

 

今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました